A.S.Manhattaner’s(マンハッタナーズ)のスーツケースの話(どこの国・会社?良い点・悪い点など)

  パルどう@法人9期目 更新日:
A.S.Manhattaner’s(マンハッタナーズ)のスーツケースの話(どこの国・会社?良い点・悪い点など)
💡チェック!
Amazon表示されている方限定クーポン!
Amazon大型セール開催中!会場はこちら
 スーツケース買うなら今!

A.S.Manhattaner’s(マンハッタナーズ)のスーツケース

猫のイラストでお馴染みのブランド。
新しく2機種販売されていたので、その新しいものだけ紹介。

良い点・悪い点などを解説します。

1、マンハッタナーズのスーツケースはどこの国・会社?

マンハッタナーズのスーツケースはどこの国・会社?

日本の大手スーツケースメーカー「ロジェールジャパン」が販売。

東京生まれで現在は香港に本社がある世界的ブランド「LOJEL」の日本法人的な会社。
現在は日本の「株式会社サックスバー ホールディングス」の子会社となっています。
「ロジェールジャパン」はほぼ日本独自のメーカーと考えていい。
ちなみに、スーツケースを開発・製造しているのは「アイシン通商株式会社」です。
いろいろと複雑な会社ではある。

ロジェールジャパンは中級品が主体でコスパが良い。
リアル店舗では家電量販店によく売られています。

ラインナップ等は公式HPを見てください。
他にも様々なブランドと提携したスーツケースがあります。

公式HP:ロジェールジャパン

2、マンハッタナーズのスーツケース仕様比較一覧表

A.S.Manhattaner's(マンハッタナーズ)のスーツケース 新型の2機種

品番 サイズ 容量
(L)
機内
持込
重量
(kg)

(cm)

(cm)
奥行
(cm)
3辺
の和
本体
素材
合面 定価 キャスター
ストッパー
特徴
ASM-0833-48 S 38 3.3 53.5 37 24.5 115 PC&ABS樹脂 ジッパー 16,500 × ハーフオープン
ASM-0858-50 S 36/42 3.0 51 40 24/28 115 16,500 ×

新しく販売された2機種の比較です。
どちらもSサイズのみ。

3、共通仕様について

A.S.Manhattaner's(マンハッタナーズ)のスーツケース 共通仕様 サスペンションキャスターを搭載

クッション性に優れるサスペンションキャスターを搭載

ロジェールジャパンで採用されている汎用的なタイプです。
静音性はそう優れてはいない。
この価格帯としてはまずまずのキャスターと言える。

4、ASM-0833-48

A.S.Manhattaner's(マンハッタナーズ)のスーツケース ASM-0833-48

一般的なハーフオープンタイプのスーツケース。

デザインや仕様はよくあるタイプで珍しさはない。
特徴なのは落ち着いたカラーとマンハッタナーズのロゴやデザイン。
あまり強調せず、どんなファッションにも合うシンプルさが良い。

ハーフオープン仕様について

A.S.Manhattaner's(マンハッタナーズ)のスーツケース ASM-0833-48 ハーフオープン仕様について

本体の片側が丸ごとポケットとしても使えます。

ポケットが大きく雑に入れられるのが便利。
底板を付けると深さが半分になるため、小さいものを入れるのに向いています。
底板を外すと底まで繋がるので、パソコンなど大きいものを入れられる。

当然ながら本体の半分を使ってしまうため、
入れすぎると着替えなどの収納性は下がってしまう。
個人的には一泊二日の着替え等が少ない旅行・出張に向いているタイプだと思います。

内装仕様について

A.S.Manhattaner's(マンハッタナーズ)のスーツケース ASM-0833-48 内装仕様について

両面仕切りで良い仕様。

上図の左側はポケット部になります。
底板を外す場合は閉めた状態で使うことになる。
着替え等は右側に入れます。

両面仕切りなのでどう開けても荷物が落ちることは無い。
立てた状態でも開けられるのは良いことです。

あとはやはり、マンハッタナーズの猫柄が可愛い。

TSAロックについて

A.S.Manhattaner's(マンハッタナーズ)のスーツケース ASM-0833-48 TSAロックについて

鍵タイプ。TSAロックは本体側のみと、やや悪い仕様。

ポケットのファスナーはロックできません。
ポケット側は付属してある南京錠でロックします。
これはちょっと面倒です。

他社は両方共TSAロックできるものが多いので、
ここは悪い点と言える。

容量・重量について

A.S.Manhattaner's(マンハッタナーズ)のスーツケース ASM-0833-48 容量・重量について

容量が38Lと優秀。

機内持ち込みサイズの容量は最大で42L程度なので、38Lは良いです。
一般的には36L程度なので、やや大容量と言える。

重量3.3kgは普通。
ノーマルタイプなら3.0kgが普通ですが、ハーフオープンタイプはやや重たくなる。

容量・重量は問題無い。

マンハッタナーズ ASM-0833を楽天市場で見る

5、ASM-0858-50

A.S.Manhattaner's(マンハッタナーズ)のスーツケース ASM-0858-50

マンハッタナーズ全開なデザイン!
こちらはノーマルタイプ。

控え目なハーフオープンタイプと違い、誰が見てもわかる派手さ。
サイズはSサイズしかなく、そして背が低く横幅が大きい形状。
キャンパス的な見た目になっています。

バッグみたいで素敵です。

内装仕様について

A.S.Manhattaner's(マンハッタナーズ)のスーツケース ASM-0858-50 内装仕様について

両面仕切りタイプで仕様は良い。

ハーフオープンタイプで柄は同じです。
仕切りの仕様が違っており、完全ではなく中仕切り的なタイプに。
左側の中はXバンド仕様です。

ポケットもたくさんあるので収納性は良い。
この価格帯にしては良い内装です。

容量拡張機能について

A.S.Manhattaner's(マンハッタナーズ)のスーツケース ASM-0858-50 容量拡張機能について

中央の拡張用ファスナーを開けると拡張可能。

容量拡張はこちらのタイプのみ搭載。
拡張ファスナーを全開すると奥行が増え、その分の容量が増える仕組みです。
拡張率は約16%とそこそこ大きい。

注意点として、拡張後は機内持ち込みが不可能という点。
サイズ制限を超えてしまうので、無料預け入れになります。
帰りにお土産を入れて、預け入れしてゆっくり帰ろう。

TSAロックについて

A.S.Manhattaner's(マンハッタナーズ)のスーツケース ASM-0858-50 TSAロックについて

鍵でもダイヤルでも解錠可能な便利なタイプ。

スーツケースは鍵かダイヤルどちらかになるものが多いのですが、
これはどちらもOKという珍しいタイプ。
万一鍵を無くしても開けられるので安心。

この価格帯では良い仕様。

容量・重量について

A.S.Manhattaner's(マンハッタナーズ)のスーツケース ASM-0858-50 容量・重量について

容量・重量は良くも悪くもなく。

基礎容量36Lは普通です。
容量拡張タイプで拡張後42Lというのも多いとは言えない。

重量3.0kgはノーマルタイプとしては普通。
軽量とは言えない。

悪くはない数値なので問題はない。

マンハッタナーズ ASM-0858を楽天市場で見る

6、まとめ

総合的には優秀な仕様。
マンハッタナーズらしいデザインが素晴らしい。

定価16,500円にしては優秀な仕様です。
サスペンションキャスターに、両面仕切りの内装、
容量・重量も悪くない。

どちらかというと派手な「MD-0867」が良いですね。
容量拡張に便利なTSAロック、かなり優秀です。
このブランドが好きな自分としてもデザインが良いので欲しいと思う。

十分に使えるスーツケースに仕上がっています。
マンハッタナーズが好きな人は買いです。

マンハッタナーズのスーツケースを楽天市場で見る

安くておすすめのスーツケースはこちら
2万円以下のおすすめスーツケース
5000円前後のおすすめスーツケース
【2024年】おすすめスーツケース

安く買うならAmazonアウトレットは必見
Amazonアウトレットのスーツケース
(中古として販売されています)

おすすめ記事
LOJELの関連記事

記事一覧はこちら:LOJEL

管理人について
パルどう
著者:パルどう
職業:会社経営
スーツケースサイトを作り続けて10年
豊富な知識で的確に解説します。
法人9期目。必死に仕事中…

プロフィール
当サイトについて
Amazonのアソシエイトとして、[スーツケース100%ガイド]は適格販売により収入を得ています。
解説したスーツケース