TRAVELIST(トラベリスト) レビュー!評判のスーツケースをプロが検証

  パルどう@法人9期目 更新日:
TRAVELIST(トラベリスト) レビュー!評判のスーツケースをプロが検証
💡チェック!
Amazon表示されている方限定クーポン!
Amazon大型セール開催中!会場はこちら
 スーツケース買うなら今!

協和の「TRAVELIST(トラベリスト)」をレビュー!

アクタスよりも高級となるトップオープンタイプ。
細かい収納性が向上しており、各仕様も良くなっている。

購入したサイズはS(機内持ち込みサイズ)、カラーは「マットブラック」、
ストッパー付きのタイプです(これだけキャスターの仕様が良い)。

<これ>

アクタスとの違いを中心に、プロとして完璧にレビューしたい。

<関連>

ACTUS(アクタス) レビュー!評判のスーツケースをプロが検証

協和のスーツケース「ACTUS」と「TRAVELIST」の違いの話

パルどう
Reviewer:パルどう@Expert
・当サイト代表のスーツケースガチ勢

1、外装箱レビュー

スーツケース TRAVELIST トラベリスト 外装箱レビュー

かなり珍しい横向け仕様の輸送形態。

スーツケースは普通は縦向けです。
どちらもでも問題は無く、ただ珍しいというだけ。
ちなみに、これは「アクタス」も同じでした。

かなり落としているのか、ダンボールの変形がとんでもない。
今まで買ってきた中で一番悪い状態だと思う。

2、包装レビュー

スーツケース TRAVELIST トラベリスト 包装レビュー

本体固定用の発泡スチロールがあるのが良い。

かなりいい加減なように見えますが、構造的にこれが効率的。
ただまぁ、もうちょっと見た目にこだわっても良いとは思う。

本体はビニール袋に包まれているだけと最低限。
このあたりもアクタスと同じです。

3、外観レビュー

スーツケース TRAVELIST トラベリスト 外観レビュー 正面

スーツケース TRAVELIST トラベリスト 外観レビュー 側面TSAロック部

スーツケース TRAVELIST トラベリスト 外観レビュー 側面底鋲部

スーツケース TRAVELIST トラベリスト 外観レビュー 背面

スーツケース TRAVELIST トラベリスト 外観レビュー 正面上部

スーツケース TRAVELIST トラベリスト 外観レビュー 背面上部

高級感あるデザインが良い。

太陽光の都合でちょっと白っぽい見え方になっていますが、
「マットブラック」な外観です。
スーツに似合う良いデザインだなと思います。

アクタスとは違い、コーナーパッドが4角にあるのが良いですね。
見た目はかなり気に入りました。

4、ファスナー&TSAロックの操作感

スーツケース TRAVELIST トラベリスト ファスナー&TSAロックの操作感レビュー

TSAロックはダイヤル式。

メイン側、フロント側とロックが分かれているので使いやすい。
ロックも解除もしやすく問題ありませんでした。

ファスナーもかなり軽くてスムーズ。
このあたりはとても良い。

5、キャリーハンドルの操作感

スーツケース TRAVELIST トラベリスト キャリーハンドルの操作感レビュー

4段階調節とかなり良い。

一般的には3段階調節なので、4段階は良い。
中間の細かい調整ができる感じです。

キャリーハンドルのぐらつき(遊び)はかなり小さめで良い。
持ち心地も良いです。

キャリーハンドルはアクタスとほぼ同じ。

6、トップハンドルの持ち心地

スーツケース TRAVELIST トラベリスト トップハンドルの持ち心地レビュー

あまり膨らまないタイプですが、持ちやすい。

形状的に本体との隙間が大きいので、指が本体に当たりにくい。
アクタスとほぼ同じハンドルなのですが、
本体形状的にトラベリストの方が持ちやすく感じます。

クッションは無いですが、厚みがあるハンドルで持ちやすい。
このタイプは丈夫で長持ちする印象があります。

7、キャスターの操作性・静音性

スーツケース TRAVELIST トラベリスト キャスターの操作性・静音性レビュー

キャスターは「HINOMOTO Lisof SILENT RUN」を搭載。

日本が誇るキャスターメーカー「日乃本錠前(HINOMOTO)」の超静音キャスターです。
これは本当に静かで操作性も耐久性も抜群。
最高級のキャスターと考えていい。
口径は50mmのタイプで普通な大きさ。

キャスターロックもHINOMOTO製で、このキャスターとセットになっているものです。
ワイヤーで作動するタイプで、こちらも性能・耐久性抜群。
こちらもキャスターロックとしては最高峰。

<トラベリストキャスター静音性確認動画>

<比較用動画(典型的なうるさいキャスター)>

キャスターは静音性も耐久性も問題無し。
ここがトラベリスト(ストッパー付き)の素晴らしい点。

これらはアクタス(ストッパー付き)と同じ仕様です。

8、容量拡張機能

スーツケース TRAVELIST トラベリスト 容量拡張機能レビュー

奥行が5cmも増える超拡張!

本体の中央にある拡張用ファスナーを開けると、
奥行が増えて容量が増える仕組み。

スーツケース TRAVELIST トラベリスト 外観レビュー 容量拡張状態

拡張幅は5cmと最高クラスに大きい。
Sサイズの場合は容量が8Lも増えます。約20%の増加。
基礎容量35Lが43Lになるのがは強い。

この増加量もアクタスと同じです。

9、内装をレビュー(メイン収納)

スーツケース TRAVELIST トラベリスト 内装レビュー

ド派手なオレンジ生地の内装!

かなり好き嫌い分かれる内装デザイン。
スーツケースで最も目に痛い派手さだと思う。
オレンジなだけで、生地は普通です。

左側がメイン収納。
右側がフロントポケット部。

いろいろと複雑な仕様なので、個別の写真で解説します。

スーツケース TRAVELIST トラベリスト 内装レビュー 全体図

なかなか質は良いです。

スーツケース TRAVELIST トラベリスト 内装レビュー 左側仕切り

ただのナイロン。防水仕様ではありません。

スーツケース TRAVELIST トラベリスト 内装レビュー 左側ポケット

普通なポケットです。

スーツケース TRAVELIST トラベリスト 内装レビュー 左側仕切りを開けた図

こちらがメイン収納。
Xバンドはポリエステル製。
ほんと派手。

スーツケース TRAVELIST トラベリスト 内装レビュー 右側フロントポケット部 メッシュカバーを開けた状態

仕切りとなるメッシュカバー。

スーツケース TRAVELIST トラベリスト 内装レビュー フロントポケットの収納部を出した状態

この部分はフロントポケットから入れる収納部です。
「底板」となっており、ポケットを半分の容量にする際に使います。
(詳細は後述)

スーツケース TRAVELIST トラベリスト 内装レビュー 右側フロントポケット部ファスナーを開けた状態

この部分のファスナーを開けて、

スーツケース TRAVELIST トラベリスト 内装レビュー 右側フロントポケット部 メッシュカバーを開けた状態

折りたたんでマジックテープで止めると、
「底板」としての機能を無くすことができる。

スーツケース TRAVELIST トラベリスト 内装レビュー 底板状態を解除(マジックテープで固定)

こんな感じです。

--

次にフロントポケットの説明に入ります。

10、フロントポケットをレビュー

スーツケース TRAVELIST トラベリスト フロントポケットレビュー 横から見た図

開き具合はバンドの長さ調節で変えられます。

スーツケース TRAVELIST トラベリスト フロントポケットレビュー

これは「底板有り」の状態です。

スーツケース TRAVELIST トラベリスト フロントポケットレビュー 底板有り状態説明図

こんな感じで本体の6割くらいの位置までの深さになる。

スーツケース TRAVELIST トラベリスト フロントポケットレビュー 底板有り状態での収納例

底板有りの状態でも500mmペットボトルやA4クリアファイルなどが入る。
これで十分なため、ほぼこの状態で使うことになると思います。

スーツケース TRAVELIST トラベリスト フロントポケットレビュー ポケットに11インチのiPadを入れた図

ここのポケットにはカバー付きの11インチiPadが入ります。
かなりピッタリなので、12インチ以上は厳しいかもしれない。

スーツケース TRAVELIST トラベリスト フロントポケットレビュー 底板無しの状態

これは「底板無し」の状態。
底まで繋がっているので、より大きなものを入れることができます。
先ほどiPadを入れていたポケットが使えなくなるのは残念。

--

底板があるため、アクタスよりも細かい収納性が良くなっています。
底板無しの状態はやや狭くなっており、使いにくさを感じる。
そのため、トラベリストは底板有りの状態を魅力に思う人向けかなと思います。

11、実際に荷物を詰めてみた感想

スーツケース TRAVELIST トラベリスト 実際に荷物を詰めてみた(メイン収納)

底板有り状態の方がたくさん入るので、このようにしています。
限界まで入れるので左側の仕切りは閉めません。

スーツケース TRAVELIST トラベリスト 実際に荷物を詰めてみた(フロントポケット)

フロントポケットは意外と入る。
奥がメッシュ仕切りなので簡単に膨らみ、想像より詰め込めます。

上図のように200匁のフェイスタオルをほぼ限界まで入れてみた結果、53枚入りました。
一般的なサイズだと50枚しか入らないので、53枚はやや多い程度。
本体サイズ的にはもう少し入ってもいいのですが、やはり底板が邪魔になっている。
ほぼ同サイズで底板が無いアクタスは55枚入ります。

容量拡張をすると、さらに16枚入りました。
拡張幅は5cmなのでかなり増える。
約30%のアップとなり、容量拡張機能としては最大級。

合計でフェイスタオル69枚は機内持ち込みサイズとしては最大級。
トラベリストは超大容量のスーツケースです。

※拡張後は機内持ち込み不可能なので注意

12、トラベリストを実際に使った感想

静音性も使いやすさも抜群!
トラベル収納ケースが不要になったのが良い。

キャスターは「HINOMOTO Lisof SILENT RUN」、
キャスターロックもHINOMOTOのワンタッチタイプの最強セットはさすがに良い。
この最強セットはさすがに不満はありません。

キャリーハンドルもぐらつき少なくしっかりしており、
トップハンドルもとても扱いやすい。
持ち心地は最高ではないですが、実仕様向けの扱いやすいハンドルと感じます。

重量は約3.6kgと機内持ち込みサイズにしてはかなり重ため。
フロントオープンタイプとしても重たい部類に入ります。
アクタスよりも300g重たいのですが、この差は感じる。

「底板有り」の状態で使う場合、
下部を従来通りメイン収納として使うことができます。
フロントからは見えない箇所になるため、素のまま衣類を入れてもいい。
アクタスよりも効率的な収納ができます。

TSAロックも個別にロックできるので、アクタスより良い。
総合的にはトラベリストの方が良いなぁと感じます。

ただし、底板無しで使いたい人はアクタスの方が絶対良いと思う。

13、トラベリスト(ストッパー付き)の検証・レビューまとめ

項目 評価 コメント
容量 基礎容量は35L、拡張43Lと良い
重量 × 3.6kgと重ため
包装 ビニール袋のみで普通
キャリーハンドル 4段階調整・ぐらつきも小さい
トップハンドル 程良い膨らみで持ちやすい
ファスナー スムーズな動き
TSAロック 問題無し
キャスター HINOMOTO Lisof SILENT RUN!
内装 機能的な収納性
仕上げ さすがに良い

良い点(Good)

  • キャスターがHINOMOTO Lisof SILENT RUN
  • HINOMOTOのワンタッチキャスターロック搭載
  • 約20%という大きな容量拡張機能
  • 巨大なフロントポケット
  • 底板有り・無しで選べる収納性
  • 4段階調節のキャリーハンドル
  • 4角にコーナーパッドが有り頑丈

悪い点(Bad)

  • 重量が重ため
  • 底板無し状態が狭い

収納性にこだわったトップオープンタイプ!

アクタスは底板が無いため収納に工夫が必要でしたが、
トラベリストは工夫無しで完璧な収納ができるようになりました。
底板有り状態がとても使いやすいです。

ただその分生地が多くなり、いろいろと無駄な部分も多い。
それにより容量もアクタスより減り、重量も重たくなっている。
このあたりのデメリットはあります。

全体的にアクタスより高級ですが、その分値段は高い。
内装もオレンジで派手なので、人を選ぶスーツケースです。
アクタスの方が万人向けだなと感じます。

底板有り状態の収納性が素晴らしいので、
トラベリストはそこを魅力に思えるかどうか。
思えたならトラベリストを選ぼう。

購入する場合、
楽天市場の公式ショップ「スーツケース&ランドセル 協和」がよくセールをするので確認必須。
あとはAmazonのタイムセールで安くなる時が多いです。
セールによくなるスーツケースなので、両方見ておいてください。

Amazonでトラベリストのタイムセールを確認する

アクタスのレビューはこちら

ACTUS(アクタス) レビュー!評判のスーツケースをプロが検証

安くておすすめのスーツケースはこちら
2万円以下のおすすめスーツケース
5000円前後のおすすめスーツケース
【2024年】おすすめスーツケース

安く買うならAmazonアウトレットは必見
Amazonアウトレットのスーツケース
(中古として販売されています)

おすすめ記事
TRAVELISTの関連記事
スーツケースレビューの関連記事

記事一覧はこちら:スーツケースレビュー

管理人について
パルどう
著者:パルどう
職業:会社経営
スーツケースサイトを作り続けて10年
豊富な知識で的確に解説します。
法人9期目。必死に仕事中…

プロフィール
当サイトについて
Amazonのアソシエイトとして、[スーツケース100%ガイド]は適格販売により収入を得ています。
解説したスーツケース