MAIMOのフロントポケット「STAND UP」の話(良い点・悪い点など)

    パルどう@法人8期目 更新日:
MAIMOのフロントポケット「STAND UP」の話(良い点・悪い点など)

MAIMOのフロントポケットタイプ「STAND UP」

2023年12月23日に発売されました。
なかなか良いのでこれも売れると思う。

良い点・悪い点などを解説したい。

<これ>

1、MAIMOはどこの国・どんな会社?

MAIMOのスーツケースはどんな会社?

日本のスーツケースメーカー「株式会社KURUKURU」

スーツケース専門メーカーではないですが、
現在はスーツケースが主力になりつつあるのではと思います。
他にマットレス、化粧品、人工芝などもいろいろ開発されています。

2022年に理想的なコスパ最強なスーツケース「MAIMO」を開発し、
今ではすっかり大人気スーツケースメーカーに。
悪い評判も聞かないため、MAIMOを買うのは全然問題無い。

他のスーツケースブランドとして、
&WEAR PIANOⅡ」や「KIMITO. CORE_01」「kguMi」がある。

MAIMO公式HPはこちら

2、MAIMO STAND UP概要

MAIMO STAND UP

サイズ 容量
(L)
機内
持込
重量
(kg)

(cm)

(cm)
奥行
(cm)
素材 キャリーバー キャスターロック スペア
キャスター
定価
(税込)
S 36 3.1 55 35 25 PC 1cm単位 19980

MAIMOで初登場となるフロントポケットタイプ。

今まではスタンダードタイプしかありませんでした。
MAIMOブランドとして成功したので追加したのだろう。
会社としてもフロントポケットは初です。

現時点はSサイズ(機内持ち込みサイズ)のみ。
当然日本の航空会社に対応。

定価は19980円とMAIMOにしては高め。
コスパは悪くは無いですが、最強とは言えない感じです。

3、良い点・悪い点の概要

良い点(Good)

  • キャスターが交換できる
  • キャスターロック機能有り
  • HINOMOTO Lisof SILENT RUNを搭載
  • スペアキャスターが付属
  • フロントポケットからメイン収納にアクセス可能
  • 内装が両面仕切り
  • キャリーバーが1cm単位で調節可能
  • type-cのUSBポートを搭載
  • フロントポケットに15インチのPCが収納可能

悪い点(Bad)

  • 容量がやや少なめ
  • 定価がやや高め

これらを説明していきます。

4、MAIMO STAND UPのフロントポケットについて

MAIMO STAND UP フロントポケット仕様について

ほぼ全面が開く大きなポケットが特徴。

内にあるファスナーを開けることでメイン収納へもアクセスできます。
これにより片面開きスーツケースとしても利用できる。
椅子の上など狭い場所でも荷物の出し入れができるので便利です。

大きいので15インチのPCを収納できるのが良い。
フロントポケットは13インチまでというのが多いので、15インチは貴重です。
これだけでビジネス用途としては十分におすすめできる。

フロントポケットは大きさも機能性も高評価。

5、内装仕様について

MAIMO STAND UP 内装仕様について

内装は両面がファスナーで開閉する全面仕切りタイプ。

立てた状態で開けても荷物が落ちないので、
ここのポケットも簡単に出し入れすることができます。

ポケットも豊富にあるのも素晴らしい点。
この価格帯にしてはかなり優秀です。

6、キャスターについて

MAIMO STAND UP キャスターについて

MAIMO STAND UP スペアキャスターが付属

キャスターは「HINOMOTO Lisof SILENT RUN」を搭載。

日本が誇るキャスターメーカー「日乃本錠前(HINOMOTO)」の超静音キャスターです。
これは本当に静かで操作性も耐久性も抜群。
最高級のキャスターと考えていい。

参考:HINOMOTO Lisof SILENT RUN 静音性比較

安物キャスターとは比べ物にならない静音性です。
操作性も耐久性も良いので本当におすすめ。

キャスターロック機能も搭載しています。
ただし、足で踏んでロックするタイプなので使い勝手は悪い。
他社のスーツケースはワンタッチボタンでロック仕様がほとんど。
これはMAIMOの交換可能なキャスターのデメリットです。

このキャスターが交換可能というのは、この会社のスーツケースだけです。
予備のキャスターも一つ付属しているのも「MAIMO STAND UP」の良い点。
一つ1280円するので、定価19980円ですが実質は18700円と考えることもできる。

スペアキャスターを常に入れておくと安心。
なお、スペアキャスターはロック無しのタイプです。

7、キャリーバーについて

MAIMO STAND UP キャリーバーについて

1cm単位での調節可能と、スーツケース最高級。

一般的には3段階程度なので、1cm単位は凄い。
どんな人でもしっくりくる位置で持てます。
これは上位版である「MAIMO COLOR YOU plus」の仕様と同じです。

8、USBポートについて

MAIMO STAND UP USBポートについて

Type-A、Type-CのUSBポートを搭載。

古いスーツケースはType-Aだけなのが多いですが、
MAIMOは今どきなType-Cにも対応。
したがってここも優れている点です。

メイン収納部にモバイルバッテリーを入れるポケットがあり、
それにケーブルを繋いで利用します。
重たい巨大モバイルバッテリーを使う場合に意外と便利です。

9、重量・容量について

MAIMO STAND UPの重量・容量について

容量は36Lと少な目。重量は3.1kgと軽い。

キャスターが55mmと大きいので、
その分容量が少なくなっていると思います。
機内持ち込みサイズで大容量と言えるのは40L程度です。

重量はフロントポケットタイプで3.1kgは軽い。
スタンダードタイプはら2.5kgが軽量と言えるのですが、
フロントポケットは3kgが軽量となります。

高機能になると数値は悪くなるので、これは仕方がない。

10、MAIMO STAND UPは買いか?

間違いなく買いと言えるスーツケース。

仕様はほぼ完璧。
2万円以下のフロントポケットとしては最強クラスです。
買って後悔することは無いだろう。

値段がやや高いのが難点。
ただ、このメーカーはおおよそセールで10%程度割引になるので、
実売価格は18,000円程度になるのではと思います。
それでも激安とは言えないですが、コスパはかなり良い。

他には無いMAIMO STAND UPの特徴は
「キャスター交換可能」と「1cm調節キャリーバー」「15インチPC収納」。
この3つが不要であれば、他にもっと安いスーツケースがあります。

これらの視点で検討してみてほしい。

11、まとめ

MAIMOらしく仕様が良くコスパに優れるスーツケース。

コスパ最強と言える「COLOR YOU plus」のフロントポケット版です。
理想を詰め込んだ機能性なので、これは間違いなく売れる。
デザインもシンプルで万人向けなのも良い。

キャスター交換できるのは良い点ですが、
足で踏むキャスターロックの仕様になるのが悪い点でもある。
キャスターロックを重視するならMAIMOは止めた方がいい。
ワンタッチでロック・解除できる「CARGO(カーゴ)」や「プラスワン」などをおすすめします。

詳細:【超静音で高機能】2万円以下のおすすめスーツケース6選!

MAIMOは自分も使っていますが、品質はとても良い。
優秀なスーツケースです。

Amazonで買う場合はこちらを確認

Amazon MAIMOストア

楽天市場の場合はこちらに稀にクーポンあり。

楽天市場「MAIMO」

公式通販はあまり値引きはないが一応確認

MAIMOを公式通販で見る

<関連記事>

評判のスーツケース「MAIMO」を買う前に(注意点・選び方)

安くておすすめのスーツケースはこちら
2万円以下のおすすめスーツケース
5000円前後のおすすめスーツケース
【2024年】おすすめスーツケース

安く買うならAmazonアウトレットは必見
Amazonアウトレットのスーツケース
(中古として販売されています)

💡チェック!
Amazon表示されている方限定クーポン!
見ておきたい
おすすめ記事
KURUKURU,MAIMOの関連記事
マイナースーツケースブランドの関連記事

記事一覧はこちら:マイナースーツケースブランド

Key: MAIMO STAND UP 
管理人について
パルどう
著者:パルどう
職業:会社経営
スーツケースサイトを作り続けて10年
豊富な知識で的確に解説します。
法人8期目。必死に仕事中…

プロフィール
解説したスーツケース