Transporter(トランスポーター)のスーツケースの話(どこの国・会社?良い点・悪い点等)

  パルどう@法人9期目 更新日:
Transporter(トランスポーター)のスーツケースの話(どこの国・会社?良い点・悪い点等)

Transporter(トランスポーター)のスーツケース

楽天市場ではお馴染みの激安スーツケースです。
値段だけで言うと最強に近い。
しかしサイズに難あり。

良い点・悪い点などを解説します。

<一例>

1、Transporterはどこの国・会社?

Transporterはどこの国・会社?

古くから通販をメインにスーツケースを販売している日本の会社。

Transporterは大阪の「エード株式会社」のブランド。
自社で開発して、製造は中国だと思います。

公式HPは無く、楽天市場のショップがほぼ公式HP。
Amazonでも販売されていますが、メインは楽天市場です。
種類も楽天市場が一番多い。

したがって会社としては全く問題無い。
保証等の心配も無用です。

楽天市場のショップはこちら

e-do net(エードネット事業部)

2、Transporterのスーツケース仕様比較一覧表

※スタンダードタイプ4種のみ比較(一例です)

品番 サイズ 容量
(L)
機内
持込
重量
(kg)

(cm)

(cm)
奥行
(cm)
素材 合面 3辺合計
(cm)
キャリー
ハンドル
TK20 SS 29 2.2 39 42 22 ABS樹脂 ジッパー 103 3段
S 39 × 2.8 55 40 22 117 1段
M 65 × 3.1 68 41 26 135 1段
HJ2 S 36 × 2.4 58 38 23 119 2段
FE20 S 39 × 2.6 55.5 38 24 ABS樹脂+PC 117.5 2段
OS20 S 39 × 2.85 55.5 37 24 ABS樹脂 116.5 2段

小さいサイズがメイン。

3、Transporterの良い点・悪い点

航空会社ごと機内持ち込みサイズ・重量一覧表 (スーツケース)

日本の航空会社の機内持ち込みに対応していないものが多い。

スーツケースの会社なのに機内持ち込みサイズに合っていない謎。
高さの55cmも超えているし、3辺の和の115cmも超えている。
なのに堂々と「機内持ち込み」と販売しているのがありえない。
もしかすると数値が間違っているのかもしれないですが、
数値が本当だとするととても購入はできない。

良い点は重量が軽いこと。
「TK20」のMサイズ3.1kgはかなり軽い。
「HJ2」「FE20」はSサイズとしては最高クラスの軽量性。
容量も悪くない(機内持ち込みできないですが…)。

悪い点としては、キャリーバーの段階調節が少ない点。
今の時代、3段階調整は欲しいところです。
本体素材も「FE20」以外はABS樹脂100%と良くない。
今はPC100%かPC+ABS樹脂が主流です。
このあたりは値段相応な部分だなと感じます。

4、まとめ

Sサイズは機内持ち込みに対応していないものが多いので注意。
軽くて容量が多いのは良い点。

なぜにこの寸法で機内持ち込みサイズとして販売しているのか。
3辺の和115cmすらも超えているのは異常としか思えない。
日本の大手スーツケースメーカーは絶対に基準内で作っています。

そこを無視すると、大容量で軽量な良いスーツケースです。
内装や各パーツは安物感ありますが、軽いなら許せる。
特に「TK20」は安さに特化していて、Mサイズは良い感じです。

飛行機を使わない人はサイズはSサイズでも問題無い。
軽くて安いのでコスパは良い。

謎の中国メーカー品と比べると仕様は劣りますが、
日本のまともな会社としての安心感はある。
買うならそこかなと自分は思います。

安くておすすめのスーツケースはこちら
2万円以下のおすすめスーツケース
5000円前後のおすすめスーツケース
おすすめスーツケース(総まとめ)

安く買うならAmazonアウトレットは必見
Amazonアウトレットのスーツケース
(中古として販売されています)

💡チェック!
Amazon表示されている方限定クーポン!
見ておきたい
おすすめ記事
マイナースーツケースブランドの関連記事

記事一覧はこちら:マイナースーツケースブランド

管理人について
パルどう
著者:パルどう
職業:会社経営
スーツケースサイトを作り続けて10年
豊富な知識で的確に解説します。
法人9期目。必死に仕事中…

プロフィール
当サイトについて
Amazonのアソシエイトとして、[スーツケース100%ガイド]は適格販売により収入を得ています。
解説したスーツケース