koguMiのスーツケース「priMo front open」の話(良い点・悪い点など)

  パルどう@法人9期目 更新日:
koguMiのスーツケース「priMo front open」の話(良い点・悪い点など)

priMo front open

日本の株式会社KURUKURUの女性向けブランド「koguMi」のスーツケース。
proMoはスタンダードシリーズで、そのフロントポケットタイプです。
仕様がそこそこ良くおすすめできる。

良い点・悪い点を解説します。

<関連>

スーツケース「koguMi」の「UKU -ウク-」と「priMo -プリモ-」の良い点・悪い点を解説

※画像はプレリリース、公式HPより引用しています。

1、priMo front openの仕様比較一覧表

スーツケース koguMi priMo front open

シリーズ サイズ 容量
(L)
機内
持込
重量
(kg)

(cm)

(cm)
奥行
(cm)
3辺
の和
素材 キャリーバー 定価
(税込)
priMo front open S 33 2.9 55 35.5 23 113.5 PC+ABS樹脂 3段階 15,980

現時点はSサイズ(機内持ち込みサイズ)のみ。
当然日本の航空会社のサイズに合っています。

2、フロントポケット仕様について

スーツケース koguMi priMo front open フロントポケット仕様

スーツケース koguMi priMo front open フロントポケット仕様

全面が開く大きなフロントポケット。

PCは15インチ入ると公式通販に記載ありますが、他は13インチ。
どちらが本当かはわからない。
クッション入りで保護があるのは良い点。

ポケットの数は普通。
特に変わった点は無い一般的なフロントポケット仕様です。

仕切りのファスナーを開けるとメイン収納に繋がります。
フロントポケットから荷物の出し入れができるのは便利。
ただ、この仕様もフロントポケットとして今どきは普通。
特別に凄い点ではない。

普通で悪い点は無い。
使いやすいフロントポケットだと思います。

2、ハンドルについて

スーツケース koguMi priMo front open ハンドルについて

3段階調節のキャリーハンドル。
トップハンドルは大きく膨らんで持ちやすい。

キャリーハンドルは3段階調節なので普通です。
形状、構造も特別高級感は無い。

トップハンドルは同社自慢の持ちやすいハンドル。
大きく膨らむので本体に指が当たらない。
自分もこのトップハンドルは好きです。

3、キャスターについて

スーツケース koguMi priMo front open キャスターについて

キャスターはkoguMiシリーズ共通の「HINOMOTO Lisof SILENT RUN」です。

日本が誇るキャスターメーカー「日乃本錠前(HINOMOTO)」の超静音キャスター。
これは本当に静かで操作性も耐久性も抜群。
スーツケース最高クラスと考えていい。

参考としてほぼ同じキャスターである「MAIMO」の動画を貼付します。

<MAIMO COLOR YOU Keiキャスター静音性確認動画>

<比較用動画(典型的なうるさいキャスター)>

安物とは比べ物にならない静音性。
この値段でこのキャスター搭載は素晴らしい。

MAIMOは口径55mmですが、koguMiは50mmと小さめ。
口径が大きいほど段差を乗り越えやすいので、走行性はやや劣ります。

4、その他機能について

スーツケース koguMi priMo front open その他機能について

サイドハンドル・底鋲付き。
底鋲が荷物かけフックにもなっています。

Sサイズ(機内持ち込みサイズ)はサイズ制限があるため、
容量を上げるためにサイドハンドル・底鋲は無くすことがありますが、
priMo front openは両方搭載。そのため容量はやや少ないと言える。
底面も持ちやすい形状なので、ここでも容量はやや落ちる。

容量よりも機能性、使いやすさにこだわったスーツケースと言えます。

5、内装仕様について

スーツケース koguMi priMo front open 内装仕様について

ごくごく普通な内装仕様。

片面Xバンド、左側の仕切りはポケット2個と標準的な仕様です。
特に語ることが無い。
この会社のスーツケースは生地は悪くないので、粗悪ではないと思います。

6、容量・重量について

スーツケース koguMi priMo front open 容量・重量について

容量は33Lと少ない。
重量は2.9kgと最軽量級!

奥行が23cmと小さく、3辺の和も113.5cm(最大は115cmにできる)と小さい。
容量にはあまりこだわっていないスーツケースと言えます。
ただ、サイズ的に36Lくらいは入るのではと思う。33Lは少なすぎる。
(容量はメーカーにより測定方法が違い、このメーカーはやや少な目に表記する印象)

重量2.9kgは軽いです。
スタンダードタイプなら普通な重量なのですが、
フロントポケットタイプは3.0kgを切ると軽量です。
2.9kgでも最軽量級となる。

容量は少ないですが、軽いのが素晴らしい。
女性向けブランドとして、容量よりも軽量性にこだわっているのだろう。

7、まとめ

軽量で静音キャスター搭載!
それでいて定価15,980円とコスパが良い!

仕様として優秀なのは軽量なのとキャスターの静音性。
フロントポケットタイプで2.9kgは本当に軽い。
交換可能な静音キャスター「HINOMOTO Lisof SILENT RUN」も素晴らしい。

それら以外は普通です。価格相応で高級感は無い。
機内持ち込みサイズとして容量が少ないのは難点ですが、
その分軽くて値段も安いのは素晴らしい。
コスパは最強に近い。

デザインは女性向けですが、男性でも全然いけると思います。
そう荷物が多くならない普段使い用としても良い。
総合的におすすめできるスーツケースです。

<関連>

スーツケース「koguMi」の「UKU -ウク-」と「priMo -プリモ-」の良い点・悪い点を解説

安くておすすめのスーツケースはこちら
2万円以下のおすすめスーツケース
5000円前後のおすすめスーツケース
おすすめスーツケース(総まとめ)

安く買うならAmazonアウトレットは必見
Amazonアウトレットのスーツケース
(中古として販売されています)

💡チェック!
Amazon表示されている方限定クーポン!
見ておきたい
おすすめ記事
koguMi,KURUKURUの関連記事
マイナースーツケースブランドの関連記事

記事一覧はこちら:マイナースーツケースブランド

管理人について
パルどう
著者:パルどう
職業:会社経営
スーツケースサイトを作り続けて10年
豊富な知識で的確に解説します。
法人9期目。必死に仕事中…

プロフィール
当サイトについて
Amazonのアソシエイトとして、[スーツケース100%ガイド]は適格販売により収入を得ています。
解説したスーツケース