MAIMO HOOKABLE レビュー!評判のスーツケースをプロが検証

    パルどう@法人9期目 更新日:
MAIMO HOOKABLE レビュー!評判のスーツケースをプロが検証

「MAIMO HOOKABLE(フッカブル)」をレビュー!

「MAIMO」のワンタッチ交換キャスターシリーズ第二弾です。
ドリンクホルダー搭載で内装も良いので買ってみた。

購入したのはSサイズ(機内持ち込みサイズ)で、カラーは「ブラック」。
プロとして完璧にレビューしたい。

<これ>

パルどう
Reviewer:パルどう@Expert
・当サイト代表のスーツケースガチ勢

<関連>

MAIMO HOOKABLEの話(違い、良い点・悪い点など)

1、外装箱レビュー

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) 外装箱レビュー

大きな汚れや変形等もなく、品質も問題無し。
MAIMOはシリーズごとにダンボールデザインが違い、
MAIMO HOOKABLEも本体デザインに合わせてあります。

2、包装レビュー

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) 包装レビュー

MAIMOシリーズにしては珍しく保護材が無い。
その代わりにビニール袋が追加されていました。
本体が高いので上蓋等の保護材が入らないためと思います。

本体はMAIMOデザインの不織布カバー。
シリーズ共通仕様です。

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) レビュー 本体ラベル

上面にラベルが1枚。
簡単に剥がれるので跡は残りません。

3、外観レビュー

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) 外観レビュー 正面

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) 外観レビュー 側面サイドハンドル部

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) 外観レビュー 側面底鋲側

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) 外観レビュー 背面

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) 外観レビュー 正面上部

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) 外観レビュー 背面上部

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) 外観レビュー 上面

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) 外観レビュー 底面

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) 外観レビュー MAIMOタグ拡大

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) 外観レビュー 全体図

全面にある縦のリブが特徴的。

MAIMOシリーズとしては艶のある塗装です。
凸凹が多いので光の反射もかなり目立つ。
ブラックですが明るい雰囲気。

本体の硬さはPC100%である「COLOR YOU plus」とほぼ変わらない。
表面の質感も合わせて触った感触はほぼ同じです。

今までのMAIMOは太い形状でしたが、HOOKABLEは薄くて横幅が広い形状。
Sサイズですが横置き用の底鋲もあり、容量は少ないデザインです。
(姉妹シリーズの「PROTES」も同じ)

写真ではわかりにくいですが、なぜか本体全体に接着剤が多量に付着していました。
拭き上げがかなり大変だったので、仕上げとしては大きく減点。

4、ファスナー&TSAロックの操作感

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) ファスナー&TSAロックレビュー

TSAロックはダイヤル式。最新仕様の「008」。

MAIMOは全部008なのが良いですね。
新商品でもまだ007を使うメーカーがあるので良いことです。
ファスナーも軽くて問題無し。

ちなみに、この写真に見える白い糸みたいなのは接着剤のゴミです。

5、キャリーハンドルの操作感

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) キャリーハンドルレビュー

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) キャリーハンドルレビュー 最大に伸ばした状態

↑最大に伸ばした状態

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) キャリーハンドルレビュー 最小の状態

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) キャリーハンドル全体

↑最小状態

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) キャリーハンドル付け根拡大

一般的な3段階調節のキャリーハンドル。
ぐらつき(遊び)は小さくて良い。

COLOR YOU plus」等は1cm単位で調節できますが、
HOOKABLEはよくある3段階調節。
構造もごく普通です。

ぐらつき(遊び)かなり小さめ。
そのため回転等の操作感(追従性)は良い。
MAIMOシリーズはここは優秀。

ハンドル部分(取手)はスーツケースの中では太め。

男の自分でも太いなぁと感じてしまいます。
形状も変わっており、個人的にはちょっと持ちづらい。
引いてもいまいちに感じてしまう。

ぐらつきは小さいが、持ち心地はいまいち。
そんなキャリーハンドル(もちろん個々の好みの問題)。

6、トップハンドルの持ち心地

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) トップハンドルレビュー

軽く大きく膨らむので持ちやすい。
ハンドルも厚くグリップ感も良い。

トップハンドルは今までのMAIMOとは別物。
従来は薄く平べったい形状でしたが、HOOKABLEは細く厚めになっています。

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) トップハンドルレビュー 全体図

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) トップハンドル裏側

裏側に溝があるのでグリップ感が良い。
持っていてしっくりきます。
持ち心地はかなり気に入りました。従来のMAIMOより好き。

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) サイドハンドルレビュー

サイドハンドルも同じ仕様です。

7、キャスターの操作性・静音性

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) キャスターレビュー

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) キャスターレビュー 全体拡大

MAIMO独自のサスペンションキャスターを搭載。
口径は55mmと大きい。

従来のMAIMOは「HINOMOTO Lisof SILENT RUN」でしたが、
HOOKABLE は「MAIMO PROTES」やこの会社の廉価シリーズである「one of . aqua NINJA」と同じキャスター。
静音性はかなり良くHINOMOTOと同等。最高クラスの性能です。
サスペンションもあるので手に伝わる衝撃も少ない。

静音性は下の動画を見てください。

<MAIMO HOOKABLEキャスター静音性確認動画>

<比較用(HINOMOTO Lisof SILENT RUN)>

<アスファルトで比較)>

HINOMOTO Lisof SILENT RUN」と比べると高い音が大きい。
音圧的には同じ程度ですが、音の種類が違います。
響かず目立たないのはHINOMOTOかなと思いますが、ほぼ個人の好みの問題。

<比較用(うるさい安物キャスター)>

安物と比べると超静音なのがわかります。

8、キャスターの取り外し・交換について

MAIMO HOOKABLE (フッカブル)キャスターの取り外し・交換レビュー

従来のMAIMOはねじ止め式でしたが、
MAIMO HOOKABLはワンタッチでキャスターを取り外し、取り付けができます。

MAIMO HOOKABLE (フッカブル)キャスターの取り外し・交換レビュー レバーを下げる図

2個あるレバーをこのように下げます。

MAIMO HOOKABLE (フッカブル)キャスターの取り外し・交換レビュー キャスターを取り外した図

レバーを下げながら引き抜くと外れます。
とても簡単でノーストレス。

ここがMAIMO HOOKABLの良い点。
強度や耐久性的にどうかは不明ですが、
金属部品で合わさっているので頑丈とは思う。

9、荷物をかけるフック

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) 荷物をかけるフックレビュー

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) 荷物をかけるフックレビュー レジ袋をかけた図

横置き用の底鋲が荷物をかけるフックにもなっています。

上側の2個がフック付き底鋲。
簡単にたくさんかけられるので便利です。
500mmのペットボトルも全く問題無い。

スーツケースは高さがないため、
レジ袋はSサイズ程度しかかけられない点に注意。
あともちろん、バランスは悪くなります。

10、ドリンクホルダー

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) ドリンクホルダーレビュー 収納状態

ドリンクホルダーは背面に収納されています。
引っ張ったら出てくる。

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) ドリンクホルダーレビュー 開けた状態(正面)

スーツケースのドリンクホルダーとして一般的な仕様。

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) ドリンクホルダーレビュー 開けた状態(斜め上)

特別に頑丈さはなく、品質は普通のように思える。
5000円程度のスーツケースのものとほぼ同じ。

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) ドリンクホルダーレビュー 500mmのペットボトルを入れた図

500mmのペットボトルがサイズ的に適しています。
重量があるものはたわむので少し斜めになる。

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) ドリンクホルダーレビュー セブンイレブンのLサイズのホットコーヒーカップを入れた図

セブンイレブンのLサイズのホットコーヒーカップを入れた図。
底まで届かず浮いた状態になります。
飲み口が本体に当たるので傾いてしまう。

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) ドリンクホルダーレビュー ローソンのSサイズのアイスコーヒーカップを入れた図

ローソンのSサイズのアイスコーヒーカップを入れた図
こちらはよりサイズが合わない。

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) ドリンクホルダーレビュー ローソンのMサイズのアイスコーヒーカップを入れた図

こちらはMサイズ。
まだ底に届かないですが、安定感はある。

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) ドリンクホルダーレビュー ローソンのメガサイズのアイスコーヒーカップを入れた図

メガサイズでようやく底に届く。ただバランスは悪い。

こんな感じで車のドリンクホルダーと比べると穴が小さい。
ちなみに、どのスーツケースもだいたい同じです。
MAIMOだけ穴が小さいということは無い。

11、内装をレビュー

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) 内装レビュー

両面仕切り仕様で収納性は良い。

内装はMAIMOで一番良い「COLOR YOU plus」と似ていますが、質がやや劣る。
大きく膨れるポケットに、しっとりとして厚い生地は同じ。
この値段にしてはかなり高品質です。

写真で説明していきます。

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) 内装レビュー  右側仕切り

右側の仕切りは一つの大きなメッシュポケット。

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) 内装レビュー  右側仕切り メッシュポケットファスナー部拡大

ファスナーの取手はシンプル。
メッシュは細目で少し安っぽさはある。
「COLOR YOU plus」はもっと太いメッシュです。

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) 内装レビュー  右側仕切り メッシュポケット内部

メッシュポケットの内部はこんな感じ。

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) 内装レビュー  右側仕切りを開けた状態

仕切りの中はメイン収納部とXバンド。

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) 内装レビュー  Xバンド部拡大

バンドはポリエステル製。
バックルはごく普通で、「COLOR YOU plus」より安っぽい。

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) 内装レビュー  右側仕切り内部下部

生地の貼り付けは綺麗です。
中央のファスナーはメンテナンス用なので普通は開けません。

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) 内装レビュー ドリンクホルダー部

中央にはドリンクホルダーがあるので、その分容量は減ります。
浅いスーツケースがより浅くなる。

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) 内装レビュー  左側仕切り

左側の仕切りは大きなポケットが2個。
膨らみが大きいのでペットボトルとかも入ります。
ただ、入れすぎるとメイン収納が圧迫されるので注意。

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) 内装レビュー  左側仕切り メッシュポケット

上段のメッシュポケット。

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) 内装レビュー  左側仕切り 下段ポケット

下段のポケット。
防水では無く普通の生地のポケットです。

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) 内装レビュー  左側仕切りを開けた状態

左側仕切りを開けた状態。
中は何もない。

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) 内装レビュー  左側仕切り内部下部

全体的に生地の貼付は綺麗です。

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) 内装レビュー  QRコード

キャスター交換動画のQRコード。

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) 内装レビュー  合わせ面のカバー上部

合わせ面のカバーは縫い&マジックテープ。
糸の飛び出しやほつれが少々目立つ。

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) 内装レビュー  合わせ面のカバー内側

見えないところが雑。

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) 内装レビュー  合わせ面のカバー下部

MAIMOにしては縫製が雑で悪い。
やはりMAIMOの廉価シリーズなのでこだわっていないのだろうか。

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) 内装レビュー 雑な縫製

個体差とは思いますが、5000円の中国メーカー品のような雑さ。

--

高級となる「COLOR YOU plus」と似た内装仕様ですが、
全体的に品質は下がっているよう感じます。
安い分、管理は妥協しているのかもしれない。
もちろん個体差かもしれない。

とはいえ、生地は良くポケットも大きくて優秀。
総合的には素晴らしい内装です。

12、実際に荷物を詰めてみた感想

MAIMO HOOKABLE (フッカブル)実際に荷物を詰めてみた

やはり容量は少ない。

MAIMO HOOKABLEのSサイズは小さめです。
奥行が浅く、横も縦もそう大きくは無い。
ドリンクホルダーもあるのでなおさらに。

200匁のフェイスタオルをほぼ限界まで入れてみた結果、50枚入りました。
大容量のものだと55枚は入るので、50枚は少ない。
容量重視ならMAIMO HOOKABLEのSサイズは止めておこう。

13、実際に転がして使ってみた感想

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) 実際に転がして使ってみた

音がとても静かで快適!

静音性は抜群。
サスペンションもあるので手に伝わる振動も少ない。
キャスターの走行性はかなり良いです。
特に変な音も違和感も無い。

キャリーハンドルもぐらつきが小さく、追従性が良い。
ただ、やはりハンドル部が太いので違和感がある。
自分には合わないなぁとずっと感じてしまう。

トップハンドルはかなり持ちやすい。
ここは従来のMAIMOよりも良いと感じます。

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) 重量測定結果

重量は普通。軽くは無いスーツケースです。

重量は表記2.9kg、実測値3.0kgとやや重たくなっていた。
この仕様で2.9kgは凄いと思っていたので残念(誤差の範囲ではある)。
機内持ち込みサイズとしては普通な重量です。軽量では無い。

総合的には十分に使える良いスーツケースです。
1万円前半としては最高に近い。

14、MAIMO HOOKABLEの検証・レビューまとめ

項目 評価 コメント
容量 平均より少な目
重量 実測値3.0kgと普通
包装 保護材無し、専用不織布カバー
キャリーハンドル ぐらつきは小さい
トップハンドル 大きく膨れて持グリップ感も良い
ファスナー 軽くてスムーズ
TSAロック 問題無し
キャスター 上位クラスの静音性。交換可能
内装 両面仕切り・生地も厚め
仕上げ 糸の飛び出し多数。縫製が雑

良い点(Good)

  • キャスターの静音性がとても良い
  • ワンタッチでキャスターを外せる
  • キャリーハンドルのぐらつきが小さい
  • 持ちやすいトップハンドル
  • 荷物をかけるフックを2個搭載
  • ドリンクホルダー搭載
  • 内装が両面仕切りで質も良い

悪い点(Bad)

  • 容量が少な目
  • 軽くは無い
  • 縫製等が雑
  • 本体の接着剤付着がひどかった

MAIMO HOOKABLE (フッカブル) 外観レビュー 全体

ワンタッチ交換サスペンションキャスターが素晴らしい。

このスーツケースの売りはキャスターです。
その他のドリンクホルダーなどは他社でいくらでもある。
MAIMO HOOKABLEはこのキャスターを求める人におすすめできる。

ドリンクホルダーが不要であれば、「COLOR YOU plus」が良い。
値段は高いですが全体的に高品質です。容量も多い。
キャスターも静音性だけでなく、耐久性等も実績がある。
USBポートがあるのも便利です。

HOOKABLEやはり廉価シリーズ。そう感じるMAIMOだった。
ワンタッチで外せるキャスターは素晴らしいので、
ここが魅力な人は迷わず購入しよう。
容量が少ない難点はありますが、それ以外は優秀なスーツケースなのでおすすめできます。

--

Amazonで買う場合はこちらを確認

Amazon MAIMOストア

楽天市場の場合はこちらに稀にクーポンあり。

楽天市場「MAIMO」

公式通販はあまり値引きはないが一応確認

MAIMOを公式通販で見る

<MAIMOシリーズ解説記事はこちら>

MAIMOのスーツケースの種類・良い点・悪い点など

安くておすすめのスーツケースはこちら
2万円以下のおすすめスーツケース
5000円前後のおすすめスーツケース
おすすめスーツケース(総まとめ)

安く買うならAmazonアウトレットは必見
Amazonアウトレットのスーツケース
(中古として販売されています)

💡チェック!
Amazon表示されている方限定クーポン!
見ておきたい
おすすめ記事
KURUKURU,MAIMOの関連記事
スーツケースレビューの関連記事

記事一覧はこちら:スーツケースレビュー

管理人について
パルどう
著者:パルどう
職業:会社経営
スーツケースサイトを作り続けて10年
豊富な知識で的確に解説します。
法人9期目。必死に仕事中…

プロフィール
当サイトについて
スーツケース100%ガイドについて

各種ブランドの解説とレビュー、おすすめスーツケースを紹介しています。良い点・悪い点をわかりやすく解説しスーツケース選びをガイドしています。

Amazonのアソシエイトとして、[スーツケース100%ガイド]は適格販売により収入を得ています。

解説したスーツケース