AIRWAY(エアウェイ)のスーツケースの話(どこの国・会社?良い点・悪い点など)

  パルどう@法人9期目 更新日:
AIRWAY(エアウェイ)のスーツケースの話(どこの国・会社?良い点・悪い点など)
💡チェック!
Amazon表示されている方限定クーポン!
Amazon大型セール開催中!会場はこちら
 スーツケース買うなら今!

AIRWAY(エアウェイ)のスーツケース

日本のメーカー「ロジェールジャパン」が販売するブランドです。
ビックカメラなど家電量販店でよく見る印象。

良い点・悪い点などを解説します。

1、AIRWAYのスーツケースはどこの国・会社?

AIRWAYのスーツケースはどこの国・会社?

中国の会社「上海中晟箱包有限公司」のブランド。

中国のスーツケースメーカーです。
それをロジェールジャパンが販売している形になる。
「AIRWAY」は2013年に商標を取得されており、わりと古くからあります。

その中国の会社についてはよくわからない。
日本ではあまり有名ではないと思います。

ただの販売代理的なスーツケースであるため、
ロジェールジャパンながら仕様は全然違います。

2、AIRWAYのスーツケース仕様比較一覧表

現行のAIRWAY(エアウェイ)のスーツケースは1種類(AW-0821)

状況 品番 サイズ 容量
(L)
機内
持込
重量
(kg)

(cm)

(cm)
奥行
(cm)
3辺
の和
本体
素材
合面 定価 キャスター
ストッパー
特徴
現行 AW-0821-69 L 88/100 × 4.5 74 49 30/34 153 PC&ABS樹脂 ジッパー 20,800
AW-0821-74 LL 107/120 × 4.8 74 50 32/36 156 21,800
AW-0821-77 3L 120/135 × 5.4 83 55 32.5/36.5 171 23,800
廃番? AW-0842-50 S 37/42 3.5 55 36 24/27.5 115 14,300 × サスペンションキャスター
AW-0842-67 L 85/96 × 4.8 73 48 31/34 152 21,780
AW-0860-50 S 37/43 3.5 55 36 24/27.5 115 14,300
AW-0860-57 M 53/60 × 4.0 64.5 41 26.5/30 132 16,500
AW-0824-69 L 93 × 5.6 74 51 30 155 フレーム 37,400 サスペンションキャスター
AW-0834-46 S 33 3.6 54 36 23.5 114 22,000
AW-0834-57 M 57 × 4.5 66.5 45 27 139 24,200
AW-0834-63 L 70 × 5.2 70 49 26 145 26,400
AW-0845-48 S 35 3.6 55 35 24 114 30,800
AW-0845-58 M 59 × 4.3 66.5 43.5 27 137 33,000
AW-0845-64 L 76 × 4.8 72.5 46.5 29.5 149 35,200
AW-0845-68 L 95 × 5.2 75 51 32 158 37,400

以前はたくさん種類があったのですが、
現在は「AW-0821-74」しかほぼ販売していない。
その他は廃番と考えて良さそうです。

サイズはLサイズ以上しかなく、巨大なスーツケース。
ビックカメラでも「大きい!」と宣伝していた記憶がある。

3、AIRWAYのスーツケースの良い点・悪い点(AW-0821-74)

AIRWAY(エアウェイ)のスーツケース AW-0821
大型で大容量・軽量なスーツケース。

機能性はあまり良くないですが、
シンプルで大きくて軽いスーツケースです。
とにかく大きいやつが欲しい人向け。

ただ、機能性や性能の割には値段は高めなのがネック。
安くてコスパが良いスーツケースではありません。

容量拡張機能を搭載

AIRWAY(エアウェイ)のスーツケース AW-0821-74 容量拡張機能を搭載

唯一の機能性と言えるのは「容量拡張機能(エキスパンダブル)」。

本体中央のファスナーを開けることで奥行が4cm増えます。
これにより容量が約11%~13%増え、さらにたくさん荷物が入る。

注意点として、航空会社によりLLサイズは容量拡張状態では無料機内預け入れができません。
3辺の和が160cmになってしまいます。
3Lサイズは拡張前でも3辺の和が171cmなので同じく。

無料預け入れができないのは致命的なので、ここはよく認識を。

容量・重量について

AIRWAY(エアウェイ)のスーツケース AW-0821-74 容量・重量について

軽量と言えるスーツケースです。

基礎容量はサイズにしては普通ですが、容量拡張できるのが強い。
容量拡張できるLLサイズが重量4kg台はとても軽いです。
十分に使えるスーツケースと言える。

その他の特徴について

AIRWAY(エアウェイ)のスーツケース AW-0821-74 その他の特徴(キャスター、ジッパー)

頑丈さを重視したパーツ類。

どのくらい頑丈なのかは正確にはわかりませんが、
標準なものより頑丈なのは間違いない。
軽いだけでなく粗悪なパーツではないのは良い点です。

このキャスター、自分の記憶の話になるのですが、
あまり静音性は無かった記憶があります。
普通のキャスターです。

AW-0821をAmazonで見る  楽天市場で見る 

4、まとめ

大容量で軽いスーツケース。
3Lサイズがあるのは珍しく、とにかく大きいものが欲しい人におすすめ。

Lサイズはそう珍しくないですが、LL、3Lは珍しい。
今は巨大が売りのスーツケースブランドです。
それでいて重量も軽く、スペックは良い。

容量拡張以外の機能性は無いため、
シンプルで大きいスーツケースが欲しい人向け。

少し値段が高めなだけにパーツ類は悪くない。
静音性などを気にしないなら十分です。
雑に扱う海外旅行用とかならこんなので良いと思う。

AW-0821をAmazonで見る  楽天市場で見る 

安くておすすめのスーツケースはこちら
2万円以下のおすすめスーツケース
5000円前後のおすすめスーツケース
【2024年】おすすめスーツケース

安く買うならAmazonアウトレットは必見
Amazonアウトレットのスーツケース
(中古として販売されています)

おすすめ記事
LOJELの関連記事

記事一覧はこちら:LOJEL

管理人について
パルどう
著者:パルどう
職業:会社経営
スーツケースサイトを作り続けて10年
豊富な知識で的確に解説します。
法人9期目。必死に仕事中…

プロフィール
当サイトについて
Amazonのアソシエイトとして、[スーツケース100%ガイド]は適格販売により収入を得ています。
解説したスーツケース