スーツケースの安物と高級品の違いの話

  パルどう@法人9期目 更新日:
スーツケースの安物と高級品の違いの話
💡チェック!
Amazon表示されている方限定クーポン!
Amazon大型セール開催中!会場はこちら
 スーツケース買うなら今!

高いスーツケースと安いスーツケースの違い

安物と高級品は何が違うのか?
ショップで実際に見てもよくわからないと思います。
数千円のものと5万円ほどのスーツケースの違いを解説したい。

※アルミニウム製の本体は除外し、プラスチック製のみ解説。

1、本体の素材の違い

スーツケースの高い安い の違い 本体の材質による差

高級品は「ポリカーボネート」。
安物は「ポリプロピレン」や「ABS樹脂」を使っていることが多い。

スーツケースは強度が求められるため、
強度が高く紫外線にも強いポリカーボネートは理想的。
やや値段が高い素材なので、スーツケースの価格も高くなる。

安物は「ABS樹脂」がよく使われています。
強度も対候性もポリカーボネートよりやや劣る。
「ポリプロピレン」は軽いのですが、紫外線に弱く強度がかなり低いのが難点。

ポリカーボネートとABS樹脂を両方使ったハイブリッド型もあります。
何かしらこだわった仕様にする場合と、コストダウンの場合もある。

基本的にはポリカーボネートを選びたい。

2、キャスターの違い

スーツケースの高い安いの違い キャスターの違い

安物のキャスターは粗悪

キャスターは見た目は同じですが、ピンキリあります。
高級品はスムーズで音も静かなやつを採用していますが、
安物はただ回るだけの粗悪なものです。とてもうるさい。

特に最近の高級品は静音性が素晴らしい。
アスファルトを転がしてもガラガラ音が小さく、とても快適。
安物と比べると音の大きさは3倍以上違います。

最近は「キャスターロック」を搭載しているものも増えました。
電車内でも転がっていかないので安心安全。
安物にはほぼ無い機能です。

使用感において一番重要な部分でもあるため、キャスターは大事です。

3、内装の違い

スーツケースの高い安いの違い 内装品質違い

内装の仕様や素材は高級品ほど良い。

写真ではわかりにくいですが、実物で見ると差は歴然。
100均とホームセンター日本製くらいに違います。
高級品は分厚くて丈夫な素材で安心感がある。

全面メッシュ&ジッパーは高級品では当たり前。
安物は片方がXバンドという最低仕様がほとんど。
ストレス無い収納性は大事なので、自分に合ったものを選びたい。

4、デザインのこだわりの違い

スーツケースの高い安いの違い デザインや外装の違い

高級品は一体感があり、洗練されている。

安物は総じて「ダサい」です。
角の補強も後付けしていたり、ロック部が無駄に出っ張っていたり。
色を合わせることもなく、安さにこだわっているのがわかります。
品質も悪く壊れやすいとも言えるだろう。

高級品はこのあたりのデザインに妥協が無い。
色も段差も合わせて洗練されています。
ちゃんと設計しているので必然的に品質も良くなる。

ここはバッグの安物・高級品と同じような感じです。

まとめ

安いスーツケースは迷惑になる可能性がある

安物は重たく操作性も悪くうるさい。

高級品と安物では重量は1kg以上差が出ます。
それでいて強度も弱いので破損する可能性も高い。
階段等で絶対に持って歩く場面が出るので、重量が軽いことは大事。

キャスターもガラガラガラ!とうるさいのは迷惑です。
数人が安物を使うと会話ができないくらいの騒音になることも。
自分だけ安物スーツケースで大きな音立てるのは恥ずかしい。

このあたりは2万円~3万円ほどの高級品を買えば解決します。
特に日本メーカー品は品質も機能性も抜群。
是非こちらの記事を見てみてください。

おすすめのスーツケースブランド5つを語る

HINOMOTO製の静音ダブルホイールキャスター&キャスターロックを採用しているスーツケースまとめ

安くておすすめのスーツケースはこちら
2万円以下のおすすめスーツケース
5000円前後のおすすめスーツケース
【2024年】おすすめスーツケース

安く買うならAmazonアウトレットは必見
Amazonアウトレットのスーツケース
(中古として販売されています)

おすすめ記事
スーツケースの基本の関連記事

記事一覧はこちら:スーツケースの基本

管理人について
パルどう
著者:パルどう
職業:会社経営
スーツケースサイトを作り続けて10年
豊富な知識で的確に解説します。
法人9期目。必死に仕事中…

プロフィール
当サイトについて
Amazonのアソシエイトとして、[スーツケース100%ガイド]は適格販売により収入を得ています。
解説したスーツケース